人工多能性幹細胞(iPS細胞)とは?

さまざまな組織になりうる多能性の細胞として、受精卵を利用するES細胞が注目されているが、倫理性の問題からあまり研究がすすんでいない。一方、京都大学の研究チームは人間の皮膚から多能性細胞を作ることに成功しており、そちらの方は人工多能性幹細胞(iPS細胞)とよばれている。IPS細胞は、ES細胞と比較すると成人の皮膚からでも作ることができるので、倫理性の問題でES細胞とは異なり、再生医療の分野での注目が集まっている。

多能性細胞は万能性細胞ともいわれており、人間のさまざまな臓器や組織に成長する能力があり、もともとは受精卵など生命の初期の状態のみにそなわっているとみられていた。けれども、IPS細胞の作製に成功した結果、自分の細胞からでも特定の臓器や組織への分化が可能になるため、難病の治療などあらゆる分野に応用される可能性に期待されている。また、自分の組織から臓器の作製が可能になるため、移植手術の際のドナー不足や拒絶反応などの問題も解決されることが期待されている。