青汁の効果のあり・なし、どっち?

青汁の効果について何をどう解釈したらいいのか、そこらへんが不可解です。
なぜなら、健康食品の効果については暗黙の了解というものがあり、整腸効果があるよなどというような表現は使うことができないためです。薬事法の規制があるため、オブラートでくるんだような表現しかすることができないわけです。

このあたりの薬事方と青汁の効果についての詳細はここでは省きますが、結局、誇大広告などがあって健康被害が発生した場合、取り返しがつかないため、それを防止するための法規制ということです。

この点については異議があるわけではなく、ごもっともだと思うのですが、ただ、何によいのかという目安がなければ、商品を購入しようとは思わないのが一般的かと思います。

この点、よく言われているのは、「野菜不足の解消」とか「スッキリによい」などと言われていますが、栄養補給とか食物繊維による整腸効果などがそれにあたるのかもです。このあたりは実際に飲んでみなければわかりませんが、私が青汁を飲んだ経験からいいますと、胃腸のなかにある老廃物的なものがスッキリと排出される効果があると実感しました。

ただ、青汁によって効果の方に違いがあるように感じていますが、どちらかというと濃い目のタイプが一番よかった気がします。原材料でいえば、ケールや明日葉ということになるでしょうか。

残念ながら、大麦若葉の場合はあまり実感がなかったんですが、ひょっとするとたまたまかもしれません。